※サーバー移転に伴い、ブログをリセット。リニューアルしました。
※ページの体裁を整えるため、旧ブログから少しづつリメイク。掲載しています。

金環食2012と太陽。いずれもHα太陽望遠鏡CORONADO P.S.T.による撮影です。
CORONADO P.S.T. は、2012年の金環食用に購入。
当時、鏡筒自体の価格は僅か7万円ほど。一般的な望遠レンズと同等価格で買えてしまいます。
カメラは、Canon PowerShot S95です。

上の写真は、金環食2012。この日、東京は雲に覆われ、雲の切れ間からの観望となりました。
写真は、金環後。三日月状に光ってる部分が太陽、それを覆い隠している右の黒い円が月です。
適度にかかった雲がいい具合に太陽部分の白トビを抑止し、また、全体に異様な雰囲気を醸し出しています。
太陽表面には、粒状斑もはっきり写っています。周囲には、プロミネンス(紅炎)も確認できます。
全体的にピンクがかっているのは、太陽望遠鏡の特殊フィルターによるものです。

 

Hα太陽望遠鏡CORONADO P.S.T.にて撮影。平常時の太陽です。 10枚の写真をスタック、各種画像処理を経て生成。最もよく写った1枚です。
Hα太陽望遠鏡CORONADO P.S.T.にて撮影。平常時の太陽です。
10枚の写真をスタック、各種画像処理を経て生成。最もよく写った1枚です。

太陽写真、ちょっと飽きた感もあり、現在休止中です。(^ ^;
また、何か、大きな天文イベントでもあったら、復活したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です