先週末、軍艦島(正式名称、端島)へ行ってきました。長崎市沖合に位置する、海底炭鉱遺跡の島、世界遺産です。https://ja.wikipedia.org/wiki/端島_(長崎県)

今回は旧友たちとの同窓旅行。のんべ達の旅行なので、まともなカメラ持参はデンジャラス。
お気楽にLUMIX DMC-TX1を持っていきました。
個人的には、じっくり軍艦島を撮ってみたいんですが、所詮ツアー上陸。加えて、島のほとんどは立ち入り禁止。
まあ、DMC-TX1でヨシとします。

ところで、軍艦島への上陸はなかなか困難です。
風速や波の高さ、視界等の条件を満たさなければ上陸は中止。
上陸できるのは年間100日ほどで、確率は約1/3。梅雨時の6月はもっと確率が下がるそうです。
そんなわけで、やっぱりそうかの悪天候。上陸は中止となり、船で軍艦島の周囲を回るだけとなってしまいました。

それでも、悪天候が幸いしてか、なかなか渋い雰囲気の軍艦島を見ることができました。
揺れる船上デッキからの撮影。加えて、風、小雨に波しぶき。カメラを、お気楽LUMIX DMC-TX1にして正解でした。

 

軍艦島、遠景。大きさは、南北に約480メートル、東西に約160メートル。
軍艦島、遠景。大きさは、南北に約480メートル、東西に約160メートル。

 

島の北東。おそらく、グラウンドのあったあたり。
島の北東。おそらく、グラウンドのあったあたり。

 

島の西北。かつてのアパート群。けっこう、高層です。
島の西北。かつてのアパート群。けっこう、高層です。

 

こちらも島の西北。かつてのアパート群。
こちらも島の西北。かつてのアパート群。

 

島の西。丘の上には灯台が見えます。
島の西。丘の上には灯台が見えます。

 

島の西側からの遠景。ここが、最も軍艦らしく見える位置だそうです。 軍艦島が全長約480m。戦艦大和が全長263m。全長が大和の約1.8倍の”大戦艦”です。
島の西側からの遠景。ここが、最も軍艦らしく見える位置だそうです。
軍艦島が全長約480m。戦艦大和が全長263m。全長が大和の約1.8倍の”大戦艦”です。