昨日の鎌倉。大仏さんと長谷寺という、とってもベタな観光でした。
鎌倉には時々行くんですが、大仏さんは一度行ったら充分。若かりし頃以来、何十年も行っていませんでした。
なので、今回、ほとんど初めて行った感覚です。近くの長谷寺も同じく。

カメラは、OLYMPUS PEN-F。レンズは、LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.。
前回と同じ組み合わせ。α7IIでと思ったのですが、最近、ついついPEN-Fに手が伸びます。
格好が良くてコンパクト。機能や写りも充分。お気軽にカバンに放り込めるのがイイです。

 

人物を入れずに山を入れて撮ると、とっても巨大に見えます。

 

こちら、大仏さんの胎内。中央下から見上げたところ。奥に頭のブツブツが見えます。
ちなみに、胎内に入るには20円。安いです。でも、中は狭いので、混雑時は避けた方がいいかも。

 

境内全景。こうやって見ると、鎌倉の大仏さん、それほど大きくはないです。

 

大仏裏、観月堂横の紅葉。まだ、十分に見頃でした。

 

同じく観月堂ですが、こちらの木は葉も落ちて、冬の様相。

 

長谷寺。折り重なるような軒がいい感じです。

 

長谷寺。境内の四天王像。

 

長谷寺、良縁地蔵。京都三千院のわらべ地蔵に似た感じ。可愛いお地蔵さんです。

 

こちらも、長谷寺。供養のためのお地蔵さん。
階段横に、撮ってくれと言わんばかりのいい位置に並んでる。
いいのかな、と思いつつも、ついついシャッターを切ってしまいます。