いきなりですが、シン・ゴジラ頭部のアップ。凄いです!
頭から突き出た爪?も正確に再現されていて、その凶悪凶暴極まりない容姿に、なぜかワクワクしてきます。
第2雛形のレプリカなので、目は猫の目仕様になっています。映画製作時に丸黒目に変更されたらしい。

 

夏に予約注文していた「シン・ゴジラ第4形態 雛形レプリカフィギュア」が、先日発売となり、やっとこさ到着。
本ブログの本質からはちょっと外れますが、その出来の良さに感動し、今回、以前から一度やってみたいと思ってた”開封レポート”を。

このシン・ゴジラは、3Dデータスキャン用雛形のレプリカ。着色は、着彩第2雛形に準ずる。
要は、東宝お墨付き。本物?のシン・ゴジラとほぼ同じ。ということになります。たぶん。
大きさは、体高50cm超、体長100cm超という感じです。ソフビなので、重さは3kg程度です。
価格は99,360円。制作、海洋堂。販売、EVANGELION STORE。(100万円近くする特別版もあります)
約10万円という価格は高く感じますが、実物を見るとそんな考えは吹き飛びます。
その出来の良さに、バーゲン価格にさえ思えてきます。(本品は予約のみ。既に販売終了)
実際、ヤフオクでは、現時点で約2倍の値で取引されています。売る気は全くありませんが。(^ ^)

こんなフィギュアを買うくらいなので、当然、ワタクシ、生粋のゴジラファンではあります。
が、収集ぐせとかはないので、部屋がそれ系のもので埋まってるようなことはありません。
若干数の怪獣フィギュアと若干数の怪獣本があるぐらいです。若干数の。
映画は思いっきり観てますが。

御託はこのへんで、では、さっさと開封の儀を。
今回の場合、どおでもいいことではありますが、撮影カメラはOLYMPUS PEN-F。
レンズは、LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.です。とりあえず、記。

 

外箱。この状態で届きます。結構大きいですが意外と軽く、一人で普通に運べます。
箱の周囲に、思いっきり「シン・ゴジラ第4形態 雛形レプリカフィギュア」と書かれていて、ちょいと恥ずかしいです。

 

内箱は白の化粧箱に「シン・ゴジラ第4形態 雛形レプリカフィギュア」のプリント。いい感じです。
その中に、本体を包んだ発泡スチロール箱が収められています。

 

発泡スチロール箱を開けたところ。
本体と尻尾に2分割されたシン・ゴジラと、支えの2パーツが同梱されています。
この時点で、ワクワク感、頂点です。(^ ^)

 

箱から出したシン・ゴジラ。凄いなー、と感動してる間も無く、尻尾を繋がねば。
取説に沿って、尻尾メス部をドライヤーで温め柔らかくし、尻尾オス部を挿入。
温めすぎたのか、メス部が柔らかくなりすぎ、楽に結合できたはいいが結構ぐらつく。
ちょっと焦りましたが、冷えてきたらしっかりしてきました。
しかし、結合部分はそれなりに分かります。
まあ、普通に見てるぶんには気にならないし、しょうがないですね、これくらいは。

 

とりあえず、リビングテーブルの上に置いてありますが、これがとってもいい感じ。
造形も細部の作り込みも、充分大人の鑑賞に耐えられ、リビングのオブジェとしても秀逸です。
到着前は高いおもちゃのように馬鹿にしてたカミさんも、実物を見るなり気に入ったようで、無事、リビングでの展示が決定。
これから色々考えて、ちゃんとした形で鎮座させようと思っています。

 

斜め後ろから、ちょいアップ。
いやー、惚れ惚れしますね、この長い尻尾。迫力満点、感動モンです。

 

背鰭です。この背鰭も、惚れ惚れします。(^ ^;
溶岩のように赤く爛れた付け根部分も本物?っぽくって素晴らしい!

 

足のクローズアップです。細部までよく作り込まれています。
奥の指が1本見えてないですが、基本、4本指です。
それ以外にも、小さい指(のようなもの)が幾つか生えていて、結構おどろおどろしい感じです。

 

問題の尻尾先端です。牧博士の骸骨が見えてるだの、魚の骨だの、諸説出回っています。
細部まで作り込まれていますが骸骨は見えません。映画製作時に付け足されたのでしょうか?
何れにしても、私には、エイリアンに見えます。(^ ^;

 

正面から煽って。鎌倉上陸シーンを思い起こさせます。
ここで、伊福部さんの曲がかかった時は、いきなり涙!
以降、大音響で宇宙大戦争のテーマが響き渡る頃には、涙腺が緩みっぱなし。
私にとって、最高のゴジラ映画でした。庵野総監督、ありがとう。
※オリジナルは別格。比較対象ではありません。

 

おまけ。バルコニーのスズメくんも、興味深くシン・ゴジラに見入っています。
んなわけないわな、、、、(^ ^)