エイジング処理後のLUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.。PEN-Fに装着。
写真では分かりづらいかもしれませんが、まあ、こんな感じです。

 

最近、とってもお気に入りの、OLYMPUS PEN-F と LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. の組み合わせ。
PEN-Fは写りも良くて軽量コンパクト。多少の不満はあれど、レトロ感漂う姿もなかなかイイ。
これにパンケーキレンズのLUMIX G 20mm/F1.7 IIを装着。ボディーのコンパクトさを損なうことなく、写りにも不満は無い。換算40mmという画角も私の感覚に合っています。AFは遅いですが、私にはオートでピントを合わせてくれるだけで充分です。

このシンプルな組み合わせなら、首からぶら下げててもカメラの存在感低く、撮ってるぞーという物々しさ感も無く、とってもリラックスして写真が撮れます。
また、PEN-Fの手ぶれ補正は強力で、感覚的に手ブレのプレッシャーから解放されます。
そんなわけで、この組み合わせは私にとって相性抜群で、ここのところの常時携帯カメラとなっています。

しかし、いいことずくめばかりとはいかず、どうしても我慢できないことが一つだけあります。
それは、LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.鏡胴の黒光りです。
とにかくテッカテカの安っぽい黒光り。まるでプラスチック。事実、つい最近まで、私はプラスチックだと信じ込んでいました。これでは、PEN-Fのレトロ調ボディーには全く似合いません。
実は、シルバーも購入したのですが、こっちはギンギラギンにテッカテカ。黒以上におもちゃっぽい。
どちらの色も、商品写真ではつや消し感あってカッコいい鏡胴に見えますが、実物は全然イメージが違います。
まあ、以前から思ってたことではありますが、今回、さすがになんとかしようと色々考えました。

最初に考えたのが、黒の貼り革を巻くこと。でも、これは、以前に円錐形の光学ファインダーに巻いて、すぐに剥がれてきた失敗経験があり、却下。
次に考えたのが黒のつや消し塗装。これが最も順当な策です。で、鏡胴はプラスチックだったよな、と、確認のため調べていると、なんと金属であることが判明。
だったら擦ってテカリをとって、エイジング感も出そうと、サンドペーパーと棒ヤスリでせっせと擦ることにしました。
まあ、失敗しても今より悪くなることはないかな、と、わりと気楽に始めました。
もちろん、事前にレンズキャップは両面ともしっかりはめて、レンズに粉塵が着かないように注意。作業中も時々ブロアーで粉塵を吹き飛ばす。

 

サンドペーパーと棒ヤスリ。
このサンドペーパーは耐水で水研ぎもできるようですが、今回は当然濡らさずに。

 

サンドペーパーは、たまたま家にあった、トイレなど陶器類の汚れ取り用を使いました。
目の細かさは#1000と#1500があって、普通のサンドペーパーと比べると、どちらもかなり細かい感じです。
(あとで調べたら、やはり、#1000以上は極細目とうことでした。でも、結果として今回正解だったので、#1000ぐらいのものでせっせと擦るのが良さそうです)

で、#1000のサンドペーパーで、鏡胴下部(色々と文字が入ってる部分)をゴシゴシと擦る。
テカリはすんなり消えてはくれないですが、プリント文字である焦点距離オレンジ色の20やシルバーの商品マーク等は、みるみる消えてゆきます。気持ちがいい!。そして、刻印文字のみが残ります。
更にしこしこ続けると、付け根周囲エッジ部分も削れてシルバーの地金が見え出し、エイジング効果も出てきます。
ほどほど削ったところで、今度は#1500のサンドペーパーで仕上げ。の、つもり、だったのですが、ここまで細かいとほとんど削り効果はない感じで、結局、また#1000で少し擦って終了。

そして今度は先端周囲。ここは幅も狭く、段になっているので、擦るのに少々根気を要します。
もう、けっこう疲れたこともあり、ここは勢い棒ヤスリでゴシゴシと。一気に塗装が削がれ、地金が。ちょっとやりすぎ感もありましたが、まあ、多めの傷がよりエイジング感を醸し出して、いい感じです。たぶん。

 

レンズのアップ。プラスチックのような黒光りは影を潜め、本来の金属感が。
底部や先端周りの擦り傷が、まあまあいい感じでエイジング感を出しています。
なんだ、汚くなっただけじゃないか、とお思いのお方。それはそれで、正しいお考えかと。(^ ^;

 

こんな感じで、とりあえず鏡胴エイジングは終了。
誰がどうみても、プラスチックではなく金属鏡胴に見えるようになりました。もともと金属だから、当たり前のことですが。
鏡胴下部にも棒ヤスリで傷をつけてやろうと思いましたが、そこまでやると単なる傷だらけのレンズになってしまいそうな、、、まあ、今回はここまでです。
ちなみに、ピントリングはプラスチックです。しかし、なぜかここだけはつや消し塗装で悪く無いので、そのままにしています。
正面レンズ周りのテカテカも気になりますが、さすがにレンズ直近部分に手を出す根性はありません。
これに関しては、テカリ部分までがレンズ径だと思えば、それでいいかと。

それにしても、このレンズ、安くて本当にいいレンズなのに、見た目なんとかならんもんでしょうか。
最近のパナレンズは落ち着いた塗装になってるのに、どうして、この20mmだけこんなにみっともない?
ぼちぼちIIIが出てもいい頃。レンズ性能は今のままでいいので、なんとかしてほしいもんです。

ところで、もし、このページを見て、俺も(私も)擦ったろうと思っている方がおいででしたら、その時は、全て自己責任ということで、よろしくお願いいたします。私には、なんの責任も負えません。
くどいようですが、全て自己責任ということで、、、頑張ってください!