葛飾柴又、帝釈天山門。境内から参道を望む。

 

4月に寅さん記念館がリニューアルされたということで、久々に柴又に行ってきました。
しかし、寅さん記念館はほとんど以前のままでガッカリ。
明らかに分かるのは出口前の両壁面。歴代マドンナ写真とポスターがプロジェクター投射映像になったぐらいです。
山田洋次ミュージアムは寅さん記念館に移動となり、全面リニューアルとなっていました。
上の写真は帝釈天山門。境内から参道を望む。

カメラはLeica M10。レンズは、Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII。
このレンズ、昨年夏に買ったのですが、あまり使っていませんでした。
コンパクトで写りも良く廉価。とってもいいレンズですが、M10を軽量にしたい時にはついついM-ROKKOR 40mm F2を使ってしまいます。好きな40mmでもありますし。ただし40mmだと外付けファインダーが必要になります。

 

今回ちょっとスッキリさせたくて、COLOR-SKOPAR 35mm F2.5にしてみました。 スリムでなかなか格好いいです。重さも僅か134g、M10本体と合わせて約800gです。
今回ちょっとスッキリさせたくて、COLOR-SKOPAR 35mm F2.5にしてみました。
スリムでなかなか格好いいです。重さも僅か134g、M10本体と合わせて約800gです。

このレンズ、ちょっと周辺減光が強め。これはこれでいいんですが、今回は現像時に専用プロファイルにて補正してみました。
また絞り開放はF2.5なのでたいしたボケは望めませんが、まあ、それなりにボケてくれます。

※ 写真をクリックして拡大表示。その左上▶︎記号クリックで、スライドショーとなります。

 

柴又駅から帝釈天参道に向かう道すがら、コミックの寅さんが。 こっちの寅さんもけっこう好きです。
柴又駅から帝釈天参道に向かう道すがら、コミックの寅さんが。
こっちの寅さんもけっこう好きです。

 

毎度撮ってる裸電球。商品補充中、自販機正面扉がこちらを向いて”令和”の文字が。 平成も終わって令和になって、昭和どっぷりの寅さんも益々昔の人になってゆく。あ、自分もか!
毎度撮ってる裸電球。商品補充中、自販機正面扉がこちらを向いて”令和”の文字が。
平成も終わって令和になって、昭和どっぷりの寅さんも益々昔の人になってゆく。あ、自分もか!

 

帝釈天参道の入り口辺りで、こんな石碑を発見。 これって以前からあったのか?最近できたような気がするが、、、?
帝釈天参道の入り口辺りで、こんな石碑を発見。
これって以前からあったのか?最近できたような気がするが、、、?

 

帝釈天参道。商店の日除け暖簾が風に煽られて。
帝釈天参道。商店の日除け暖簾が風に煽られて。

 

帝釈天前の土産物屋さん。35mmF2.5のボケ具合はこんな感じです。
帝釈天前の土産物屋さん。35mmF2.5のボケ具合はこんな感じです。

 

帝釈天。山門より。
帝釈天。山門より。

 

以前にもアップしてますが、今回は逆方向から。
この像、以前にもアップしてますが、今回は逆方向から。

 

江戸川の土手。寅さんが歩いていた頃と比べると綺麗に整備され、やけにスッキリしています。
江戸川の土手。寅さんが歩いていた頃と比べると綺麗に整備され、やけにスッキリしています。

 

柴又駅前広場の寅さん像。何度も何度も撮っていますが、今回はカバンをアップで。
柴又駅前広場の寅さん像。何度も何度も撮っていますが、今回はカバンをアップで。