浅草寺「四万六千日・ほおずき市」2019。 by α7III + LEICA SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.

 

今年も浅草寺のほおずき市に行ってきました。
このほおずき市、呼称を浅草寺ほおずき市だと思っていましたが、公式には「四万六千日・ほおずき市」のようです。
四万六千日(しまんろくせんにち)とは、この日にお参りすると46000日功徳があるということらしいです。
46000日は約126年。人間これ以上長生きするということはないので、誰しも一生分の功徳です。

カメラはα7III。マウントアダプター経由でLEICA SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH.を装着。
久々のズミルックス、本当に綺麗なボケと立体感。やっぱり良いレンズです。

毎度のほおずき市、同じような写真ばっかりになってしまうので💦ちょっと白黒も入れてみました。
※ 写真をクリックして拡大表示。その左上▶︎記号クリックで、スライドショーとなります。

 

浅草寺仲見世。提灯から下がる短冊に「ほうずき市」とある。 仲見世では、「ほおずき」ではなく「ほうずき」になっているようです。
浅草寺仲見世。提灯から下がる短冊に「ほうずき市」とある。
仲見世では、「ほおずき」ではなく「ほうずき」になっているようです。

 

境内のほおずき市屋台にて。ほおずきのパックには「ほおずき市」となっています。
境内のほおずき市屋台にて。ほおずきのパックには「ほおずき市」となっています。

 

こちらも境内のほおずき市屋台。やはり短冊には「ほおずき」と、、、 、、まあ、どおでもいいことではありますが☺️
こちらも境内のほおずき市屋台。やはり短冊には「ほおずき」と、、、
、、まあ、どおでもいいことではありますが☺️

 

本堂にて。バックに五重塔、ほおずき市屋台の灯。
本堂にて。バックに五重塔、ほおずき市屋台の灯。

 

毎度のアングルで、宝蔵門と五重塔。
毎度のアングルで、宝蔵門と五重塔。

 

宝蔵門の大提灯。バックに本堂。
宝蔵門の大提灯。バックに本堂。

 

本堂前の常香炉。
本堂前の常香炉。

 

おかき屋さんのディスプレイ。アーケード街にて。
おかき屋さんのディスプレイ。アーケード街にて。

 

宵の吾妻橋にて。左上、黄金色に輝くアサヒビール屋上の巨大オブジェ。
宵の吾妻橋にて。左上、黄金色に輝くアサヒビール屋上の巨大オブジェ。