紅葉・井の頭公園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

10月末に発売となったSIGMA fp、ちょっと遅れましたが、やっぱり買ってしまいました😅
実はワタシ、隠れSIGMAファンで(別に隠れる必要はないんですが)、Foveonセンサー搭載のDP2 Merrillの解像にはひたすら圧倒され、勝手ながらその進歩に多大な期待を寄せていました。
しかし、中途半端なQuattroなんぞが出てから一気に興味が失せ、頭の中からSIGMAの文字は消えていました。

そこに、今度のベイヤーセンサー搭載fp。
普通のセンサーに戻ったけど、なかなかの高画質。
コンパクトお手軽フルサイズセンサーで、ライカLマウント。
マウントアダプター経由で手持ちのMレンズも使える。

と、いいこと尽くめのようにみえるけど、現実はそうでもない。
ファインダーもメカシャッターも手ぶれ補正機能も無いのナイナイずくし。
このサイズと軽量は当たり前、もっとコンパクトになってもいいかと思ってしまう。
実際、45mm F2.8 DG DN(これが現在Lレンズ最小最軽量)を付けると、けっこう大きく重くなる。
更に光学ファインダー装着のためにホットシューユニットを取り付けると、幅は普通のイチガン並に。
重さも光学ファインダー込みで750gぐらいになってしまう。

 

SIGMA fp にホットシューユニット付けて、光学ファインダー装着するとこんな感じ。 大きくなりますが、妙なカッコ良さがあります。 ボディー左下には小さなラバーグリップを貼付けています。これだけで結構握り易くなります。
SIGMA fp にホットシューユニット付けて、光学ファインダー装着するとこんな感じ。
大きくなりますが、妙なカッコ良さがあります。
ボディー左下には小さなラバーグリップを貼付けています。これだけで結構握り易くなります。

 

そんなわけで、このカメラは極力素のままで、軽量コンパクトに使ってゆこうと思っています。
色々付けて肥大化するぐらいなら素直にフツーのイチガン使います。
ムービーも含めて拡張性の高いカメラなので、ちょっともったいない使い方かもしれませんが。
もちろんLレンズ所有の方には、このカメラの存在自体が有益かと思います。
私はマウントアダプター経由でMレンズも使ってゆくつもりです。

写りはかなりいいと思います。jpgはほどほどですが、RAWはとっても綺麗です。
高感度ノイズもかなり少なく、また現像時に暗部の階調を上げていってもそれほどノイジーになりません。
最上位クラスの写りかと思います。
45mm F2.8 DG DNの写りもとてもいいです。F2.8にしてはよくボケてくれて、ボケ具合も綺麗です。

写真は2週間ほど前、なんとか紅葉残る井の頭公園、井の頭自然文化園で。
レンズは45mm F2.8 DG DNです。

※ 写真をクリックして拡大表示。その左上▶︎記号クリックで、スライドショーとなります。

 

紅葉・井の頭公園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
紅葉・井の頭公園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

黄葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
黄葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

黄葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
黄葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

カワウソくん・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
カワウソくん・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

ベンチ・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
ベンチ・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN

 

紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN
紅葉・井の頭自然文化園 SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN