Minolta Hi-Matic 7sii(ミノルタハイマチック7sii)シルバーボディー

 

とっても綺麗な Minolta Hi-Matic 7sii シルバーボディーを入手しました。
以前ブラックボディーを購入しましたが、少々不満があり、勢いシルバーボディーも購入してしまいました💦
不満の一つはボディーのキズやスレ。前面は綺麗ですが、背面や底面にシール跡や擦り傷等、ブラック特有のテカリも。
使ってるうちにだんだん気になってきて、良いものを見つけたら買い換えようという気持ちになっていました。
そしてもう一つの不満は、以前の紹介文でも書きましたが絞りが開放しきらない件。
このあたりは Minolta Hi-Matic 7sii の紹介も含め、ブラックボディーの記事を参照してください。

それで、今回のシルバーボディーですが、びっくりするほど綺麗です。43年も前の製品なのに。
キズはもちろん、僅かなスレでさえほぼ皆無です。レンズ、ファインダーもとってもクリア。本当に新品のような感じです。
そして、このシルバーボディーは絞り開放で絞りは完全に開きます。通常、当たり前のことですが。
ブラックボディーの方は無理やり?調整してもらったので、ギリギリ開ききってないように感じます。
また、絞り開放時はかなりシャッターボタンを押し込まなければ、シャッターが切れません。
そのあたり、今回のシルバーボディーは全く普通で、ストレス無く使えています。
どうも、やはり、以前のブラックボディーは微妙に難ありだった感じです。
ただ、ブラックボディーは数が少なく貴重なようなので、このままストックしておこうと思っています。

そんなわけで、このシルバーボディー、嬉々として都内で色々撮ってきました。
常識的にはブラックボディーと全く同じ写りのはずですが、43年という経年による差もあるかしれない。
と、多少の心配(良い方向に若干の期待)はあったのですが、見事に同じ写り。
2台とも同じ写りということは、どちらもこれが本来の写りということでしょう。変わらず良い写りで安心しました。
以下に今回撮った写真を何枚か。フィルムはEktar100です。

※ 写真をクリックして拡大表示。その左上▶︎記号クリックで、スライドショーとなります。

 

渋谷109前。マークシティー25Fより。Minolta Hi-Matic 7sii
渋谷109前。マークシティ 25Fより。Minolta Hi-Matic 7sii

 

窓際、日光浴中のウサギさん鉢植。Minolta Hi-Matic 7sii
窓際、日光浴中のウサギさん鉢植。Minolta Hi-Matic 7sii

 

新橋ガード下横丁。Minolta Hi-Matic 7sii
新橋ガード下横丁。Minolta Hi-Matic 7sii

 

新橋あたり、高架脇側道。Minolta Hi-Matic 7sii
新橋あたり、高架脇側道。Minolta Hi-Matic 7sii

 

有楽町産直横丁。Minolta Hi-Matic 7sii
有楽町産直横丁。Minolta Hi-Matic 7sii

 

有楽町ガード下。Minolta Hi-Matic 7sii
有楽町ガード下。Minolta Hi-Matic 7sii

 

銀座4丁目交差点。Minolta Hi-Matic 7sii
銀座4丁目交差点。Minolta Hi-Matic 7sii

 

銀座4丁目あたり。Minolta Hi-Matic 7sii
銀座4丁目あたり。Minolta Hi-Matic 7sii

 

銀座4丁目あたり。Minolta Hi-Matic 7sii
銀座4丁目あたり。Minolta Hi-Matic 7sii

 

最後に1枚、絞り開放F1.7の写真を。再度、ウサギさん鉢植の登場です。 このカメラ、フルマニュアルでも撮れるので、こういった時に便利です。 このサイズじゃちょっと分かりづらいかもしれませんが、ボケはまあまあだと思います。 解像等も良く、MINOLTA ROKKOR 40mm F1.7、とてもいいレンズだと思います。
最後に1枚、絞り開放F1.7の写真を。再度、ウサギさん鉢植の登場です。
このカメラ、フルマニュアルでも撮れるので、こういった時に便利です。
このサイズじゃちょっと分かりづらいかもしれませんが、ボケはまあまあだと思います。
解像等も良く、MINOLTA ROKKOR 40mm F1.7、とてもいいレンズだと思います。