パリの壁紙

Paris Wallpaper
パリは世界一の観光都市。毎年、世界各国から1500万人の観光客が訪れる。
人口は200万人超、フランスの首都。
街中を蛇行して流れるセーヌ川周辺には、著名な世界遺産が数多く点在する。
壁紙は、エッフェル塔、凱旋門、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館、オルセー美術館、コンコルド広場等、38種132枚。
撮影は、2002年、2003年、2009年、2011年。
カメラは、Canon D60, MINOLTA DiMAGE A1, Nikon D300, SONY NEX-5N
■ パリ・シャンゼリゼ大通のクリスマスイルミネーションは、こちらにあります。
パリの壁紙Paris Wallpaper Latest update 12/03/2011

2011年8月より、右6種の壁紙サイズを掲載しています。1024x768,1280x800,1366x768,1440x900,1680x1050,1920x1200
ご希望の壁紙サイズが無い場合、近似のサイズでご利用可能です。以下のように壁紙サイズを選択してください。
1920x1080 → 1920x1200 を選択  1600x900 → 1680x1050 を選択  1280x768 → 1280×800 を選択
そして、壁紙設定時(Windows : コントロールパネル/個人設定/デスクトップの背景)に、画像の配置で「中央に表示」を選択して下さい(Macは、中央に配置)。 上下もしくは上下左右が若干トリミングされますが、壁紙は画質を損なうこと無く表示されます。





朝焼けのエッフェル塔

 
エッフェル塔へ




エッフェル塔と夕日

 
オルセー美術館の大時計




ノートルダム大聖堂

 
セーヌ川沿いの遊歩道





■ パリ - エッフェル塔
1889年、パリ万博の際に建造された高さ312.3mの鉄塔(現在324m)。建設当時は世界一の高さを誇っていた。
高層ビルの少ないパリではひときわ目立つ存在で、パリを代表する建造物となっている。
東京タワーのように効率を追求した建造物とは異なり、塔全体のバランス、美を意識した鉄骨の組み方等、それ自体に独自の美しさがある。その美しさから、「鉄の貴婦人」の異名も持つ。
1991年、「パリのセーヌ河岸」として、セーヌ川沿いの有名建築物と共に世界遺産に登録された。




■ パリ - 市内風景 
主にセーヌ川沿いの市内風景。セーヌ川に沿って、8kmほどの地域にある主要建造物は、「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されている。エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館、オルセー美術館、コンコルド広場、アンヴァリッド、シャンゼリゼ通り等、世界的にも知名度の高い建造物が名を連ねる。

モンターニュ通り
ホテル・プラザ・アテネ
コンコルド広場
オペラ座

秋の散歩道
公園にて
ノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂のステンドグラス

セーヌ川と観光船
ポプラ黄葉
午後の公園
アンヴァリッド

セーヌ川・冬
パリ・市内風景
コンコルド広場からルーブル方面
ルーブル美術館

オルセー美術館
オルセー美術館
ギャレリア
窓

夕刻の凱旋門
セーヌ川、夕刻
セーヌ川、宵
コンコルド広場、宵




★ 掲載壁紙は総て、壁紙plus運営者の著作物です。個人のデスクトップ壁紙としてのみ、無料でお使いいただけます。