アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。顔の巨石。

 

顔の巨石で有名なアンコールトムです。
実は私、このアンコールトムもアンコールワットも、そしてもう一つ巨木根の遺跡タ・プロームもごっちゃになっていて、それら全てがアンコールワットだと思っていました。
実際にはみな別々の遺跡で、カンボジア第2の都市シェムリアップ近郊に点在しています。
また、それ以外にも大小多くの遺跡が点在しているようです。

遺跡への立ち入りは有料で、チケットが必要。事前に市内にあるチケット販売所での購入が必要となります。
チケットには1日券、3日券、7日券の3種類があり、このチケットでどの遺跡にも入れます。
ちなみにチケットが必要なのは外国人のみで、カンボジア人はどの遺跡も無料で入れるそうです。

カメラはPEN-F。レンズはLUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.(換算40mm)です。

※ 写真をクリックして拡大表示。その左上▶︎記号クリックで、スライドショーとなります。

 

アンコールトム南大門、橋の手前。この辺りでチケットのチェックがあります。 朝から多くの観光客が押し寄せ既に人と車でいっぱい。道路脇には土産物屋が軒を連ねています。
アンコールトム南大門、橋の手前。この辺りでチケットのチェックがあります。
朝から多くの観光客が押し寄せ既に人と車でいっぱい。道路脇には土産物屋が軒を連ねています。

 

橋の両サイドに連なる石像群。どれも個性的な顔立ちで面白いです。
橋の両サイドに連なる石像群。どれも個性的な顔立ちで面白いです。

 

アンコールトムは水を湛えた堀で囲まれています。橋の中央あたりからそのお堀を。
アンコールトムは水を湛えた堀で囲まれています。橋の中央あたりからそのお堀を。

 

南大門、南の入り口です。門の上にも巨大な顔の石像が。なかなかの迫力です。
南大門、南の入り口です。門の上にも巨大な顔の石像が。なかなかの迫力です。

 

南大門をくぐり、顔の巨石群バイヨン(Bayon)へ。
南大門をくぐり、顔の巨石群バイヨン(Bayon)へ。

 

アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。顔の巨石。
アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。顔の巨石。

 

アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。石柱。
アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。石柱。

 

アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。顔の巨石。
アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。顔の巨石。

 

アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。壁画。
アンコールトム(Angkor Thom)、バイヨン(Bayon)。壁画。

 

アンコールトム(Angkor Thom)、像のテラス。
アンコールトム(Angkor Thom)、像のテラス。

 

アンコールトム(Angkor Thom)、バプーオン。
アンコールトム(Angkor Thom)、バプーオン。

 

 

〓 アンコールワット,カンボジア その1 〓

〓 タ・プローム,カンボジア その3 〓